仕事が趣味!で仕事をとことん楽しみつくす。自由な発想で会社が元気になる。/山田等さん株式会社やまもく代表

「株式会社やまもく」は1951年に山田さんの父親が創業。 会社のミッションである「日本の壁を楽しくしたい!」そんな想いを形にした商品の一つ、手ぬぐい額の「ゆらゆら額」は看板商品です。事業を守りながら、次の時代に対応できる業態に柔軟に変化させてきました。誠実に歩み真摯に対応していく山田さんに、多くの商品を生み出してきた道のりを伺いました。

山県市にある株式会社やまもく

山県市佐賀にある株式会社やまもくの社長、山田等さんは大きく響く声と、包み込むようなおおらかな笑顔が印象的。「仕事が趣味です!土曜日、日曜日もだいたい事務所で遊んでいます。(笑)」
仕事ばかりと聞くとつい猛烈なスタイルを想像してしまいますが、山田さんはそうではなく心から「仕事が好き」で、楽しんでいます。 事務所の応接室には、様々な形の額が並んでいて、こんなにも色々な額があるのかと驚かされます。多くの人が欲しがるタイプの額は大企業が大量生産しますが、株式会社やまもくでは100人の中で1人が欲しいと思うような商品の製作を追求しています。

株式会社やまもくは1951年に山田さんの父親が山田木管工業所として創業。山田さんが30才の時に父親が亡くなり、会社を引き継ぎました。当時はスプーンやナイフの木柄を製作する会社でしたが、時代もあり商売も転換期、従来の仕事だけでやっていくのは難しいと考え、照明器具の枠製作や家具の扉、キッチンの扉、玄関収納の扉等、様々な商品に挑戦してきました。その中で「枠」の製作技術を習得し、徐々に会社の主力を枠の製作にシフトしていきます。当時は下請けの仕事が主流だったため、得意先の倒産や内製化により依頼が減ったことで、不本意な判断を迫られる時期も経験しました。

ひらめきからうまれるオリジナル商品

現在製造している多様なアイデア商品の中には、学生さんのひらめきによって製品化が決まったものもあります。株式会社やまもくではインターシップで大学生を受け入れており、その中のある学生さんの友人が御朱印を集めていたということをヒントにして『御朱印張額』という商品を開発できたそうです。

半年間学生を預かる中で、若者とのコミュニケーションから様々な気づきをもらい、まあ学生さんたちが成長していく姿に感動を覚えるそう。社員にも良い形の影響を与えてくれています。

てぬぐい額『ゆらゆら額』はユニークな曲線を生かしたオリジナル商品。共通の仕事をしている人たちとの旅行でひらめいたそうです。アイデアの原型はらせん階段。「らせん階段は人生と同様で、上からは同じ場所をぐるぐる回っているように見えても、横からみると1段上がっている」という、仲の良い知り合いの方の言葉からヒントを得て、この形が生まれました。 『ゆらゆら額』はとても好評で今では株式会社やまもくの看板商品です。会社のミッションである、日本の壁を楽しくしたい!という想いを形にした商品が社内にたくさん並んでいました。

いずれは下請けではなくメーカーにしていきたいと考えている山田さん。自分たちで作ったものは責任を持って販売していく。そうしていくことで、結果にも納得できます。手ぬぐい額は、インターネット販売を開始し商品も充実。2017年から家具やキッチンの扉として制作している『やまもくの四方框扉』の販売も始めました。

カラーは5色、サイズは自由。最大寸法8尺(2330㎝)というオリジナル扉を1枚からオーダー販売していきます。8尺の扉は日本でもここでしか制作できません。今まではハウスメーカーさんに納品してきましたが ビジネスモデルの転換として直接の販売を始めました。扉を変えるだけで全体のイメージがガラリと変わるのが魅力です。以前から受注生産しているものなので工程には自信あり。これがメーカーを目指していく第1歩です。と山田さんは話してくれました。

これからも誠実に

広い工場の中、「ここが枠を組み立てるところです」と案内していただいた場所で働いていた柔らかな笑顔の女性は山田さんの奥様でした。苦しい時を懸命に支えてこられ、今も一線で仕事しつつ家庭も守る奥様の大きな愛を感じます。そしてインターネット販売は最近入社した息子さんが担当。次の時代に繋いでいく人材ができています。山田さんとしてはうれしさ半分、心配半分の親心ですが、きっと良い方向に進んでいくことでしょう。

日々の仕事に真摯に向かい合う山田さんは、生まれも育ちも山県市。父親が作った事業を守りながら、次の時代に対応できるよう柔軟に会社の業態を変化させています。実は2017年に、中小企業庁が選ぶ『はばたく中小企業・小規模事業者300社』に選ばれたそう。

「様々の方の推薦で決定し、その中でも苦しかった時も応援して支えて頂いた皆さんに感謝しており、大変ありがたいことだ」と山田さんは話されています。これからも会社のミッションである『日本の壁を楽しくしたい』を胸に、ご自身も楽しみながら社員の方と奮闘される山田さんの姿が目に浮かびます。

follow us