思い出の先にはいつも「井上写真館」がある。山県の一瞬を撮り続ける、まちのカメラマン。/金武雄司さん井上写真館代表

「井上写真館」は、昭和47年から続く山県市唯一の老舗写真館です。代表の金武雄司さんが手がける卒業アルバムは、笑っている写真が多く、親にも子どもたちにも大好評。そんな金武さんに写真館を通じた地域の人々との関わり方を伺いました。

みんなの記憶に残るように

「金武(かねたけ)さーん!」
配達のときに、まちでよく名前を呼ばれるそうです。金武さんの気さくさを慕って、高校生が店にやってきて、「今はこんなことを熱心に頑張っている」と話してくれたり、大学生が就職活動の写真を撮ってほしいと来店してくれたりするそうです。

金武さんが代表を務める「井上写真館」は、昭和47年からずっと続く山県市唯一の老舗写真館です。温かな写真と金武さんの人柄を慕って、多くの人が利用しています。昔は山県市内にもう一軒、別の写真館さんがあったのですが、時代の流れと共にお店を閉じられたそうです。

金武さんがカメラマンをする時のスタンスは、“記憶に残るカメラマン”。
みんなの記憶に残るように撮ることで、地域の人に覚えてもらったり、相談をされる存在でいられたり、より良い写真を追求できることで商売につながったり。そして何より、自分自身が楽しみながら、山県市の人々を20年間撮り続けてくることができました。

子どもたちの一瞬を切り取ることを大事に

現在まちの写真館は井上写真館だけなので、学校行事などの記録を残すのは、井上写真館のお仕事です。山県市の小中学校は12校あり、そのうち10校の卒業アルバムを担当しています。金武さんは、この卒業アルバムに力を入れているとのこと。その理由は、子どもたちの成長を親に見てもらえる大切なものだから。自身も3人の子どもの親で、子どもが大好きな金武さん。自分が親の立場になって、子どもの学校生活を見れないことに気づき、親のためにもきちんと見えるように残してあげたいと思うようになったそうです。

そんな金武さんが手がける卒業アルバムは、親にも子どもたちにも大好評。理由は、笑っている写真が多いから。以前は個人写真などをかしこまって撮影していましたが、見る側のためにも、本人のためにも、笑顔に変えたそうです。親御さんからは、「自分の子どもがこんなふうに笑うなんて知りませんでした。」と言われることも。そして、楽しく撮影した子どもたちは、その記憶をたどって、自分の子どもの写真撮影時にも来店してくれるそうです。

まちのほとんどの学校を担当しているので、自然と山県市の多くの子どもたちと関わります。まるで、まちを見守るお兄さん。まちのみんなと家族のようなつながりを感じます。思い出の先には必ず「井上写真館」の存在があります。

先代の教えを胸に

みんなの思い出を刻む「井上写真館」にはこんな想いがあります。
『お客様のよろこびを私の喜びとしたい』
この言葉は、写真館に掲げてあります。

たまたま偶然、カメラマンになり、たまたま偶然、山県市で働くことになった金武さんは、2014年に先代から引き継いだこの写真館を絶やさないように、先代が掲げたこの言葉を今も変わらず社訓にしているそうです。お客さまに主役で輝いてもらうために、そして写真館のある地域がもっと輝くように、一緒に頑張っていくのです。

地域活動として、小学生には「まちの名人」の授業で、写真の仕事について紹介したり、50から80代の方々が活動するデジカメクラブで、花・夕焼け・川の流れなどさまざまなテーマでの写真の撮り方をレクチャーしています。「自然」は山県市民にはあまりに身近すぎて、魅力だと伝わっていないのではないかと感じているそう。写真を通してその素晴らしさにまた気づいてもらえたら嬉しいです、と話してくれました。

「写真を通して、みんなに良い思い出を残してほしい。是非デジタルだけでなく、お家に写真を飾って思い出を各家庭の彩りに変えてもらえたら。写真は、燃えない限り消えないですからね。」と金武さん。
思い出の“瞬間”を切り取るのは、いつの時代も写真です。地域のお客さんの人生に関わり、もう二度と来ない瞬間を逃さずカメラにおさめる仕事。温かい笑顔の中の、金武さんの一瞬にかける思いが伝わってきました。

follow us