日本全国に使われるものだから高い品質と信頼が要。ボトムアップで風通しの良い社風が自慢。/木村友範さん株式会社木村製作所専務

山県市美山地域にある株式会社木村製作所は水栓バルブに使われている部品を製造しています。専務の木村友範さんは商社で5年間勉強して、実家の木村製作所に入社。木村製作所がつくりだす部品はわたしたちの生活に欠かせない水を安全に、そして快適に届けてくれています。そんな木村製作所さんでのものづくりについて木村さんにお話をお伺いします。

山県市美山地域は水栓バルブ発祥の地

山県市美山地区にはわたしたちの生活に欠かせない水を安全に、そして快適に届けてくれる水栓バルブを製造している企業がたくさんあります。その中で、株式会社木村製作所は水栓バルブに使われている部品を製造しています。木村製作所がある場所は、急勾配の坂道を登った先の高台。抜けるような空が広がり、緑豊かな山県市の山々を見渡すことができます。この景色を一望できる場所で、木村製作所は工場を増築してきました。

実は全国の水栓バルブ関連部品の4割が、山県市の企業によって生産されています。「1958年の創業以来、真鍮(しんちゅう)加工一筋です」と話すのは木村製作所専務の木村友範さん。木村さんは創業者の長男として生まれ、会社の歩みを近くで見てきました。

木村製作所は2003年に品質保証規格ISO9001:2000の認証を取得して、国際標準に沿った品質をキープしています。具体的に、木村製作所ではどんなことをしているのでしょうか。

水栓バルブには様々な形状の部品が使われていています。木村製作所では真鍮という金属を使って部品を作っています。真鍮とはどんな金属なのかを木村さんに尋ねると、「みなさんが良く知っている5円硬貨は黄銅で、10円硬貨は青銅の真鍮で出来ています」と教えてくれました。

工場内では棒状になった真鍮を機械で削り出す方法で水栓バルブの部品をつくります。機械からは、同じ形に削られたパーツがいくつも出てきます。「金太郎飴みたいに部品がポコポコ出てきます」と木村さん。自動機械でつくるものもあれば、作業者の手作業でつくる部品もあります。また、加工するときに出る切粉は、回収し大事な資源としてリサイクルするなどゴミゼロ・廃棄物ゼロを目指した取り組みも行っています。

現場が生みだす作業効率アップの工夫

工場の中はとても整理整頓されており、床も明るい色にペイントされています。作業に必要となる部品や道具は、どこに何があるか見えるようにし、すぐに取り出せて使った後も同じ場所に戻せるような工夫や、機械の進行状況をわかりやすくしたり、扉の開閉を省力化したりするなどさまざまな工夫で全体の作業効率をあげています。

また、安全性を高めるために床置きの設備に高さ制限を設定したり、転倒を防ぐ工夫を社員が考え出すなど、見た目を整えるだけでなく、仕事をする上で何が必要で何が不要かを明確にしながら、社員自らが考えるようになっていくことを大切にしています。

こうした社員の自発的な取り組みの積み重ねが、長年この地で操業してきた木村製作所の強みだと感じました。現在、一緒に働いてくれる人を募集している木村製作所。これだけ環境整備が進んでいるので、新しい人が入社した際には、短期間に仕事を理解してスムーズに作業ができそうです。

創業からの想いを受け継ぐ

「父が21歳の時にこの会社を創業したんです。父と叔父の2人で始めて、その後は兄弟4人でここまできました」と木村さん。

木村さんは大学を卒業後、工作機械関係の商社で5年間勉強し、実家の木村製作所に入社しました。現在、世代交代が進み木村さんの叔父さんが社長となり、木村さんを含む従弟4人で会社の運営に携わっています。1人だけでやっていくのは大変ですが、4人いるのはとても心強く、それぞれ年代と個性が違うので常にこれからの木村製作所をどうしていくのか、時代が拡大路線なのか?そうでないのか?など喧々諤々で検討しています。

そんな仕事熱心な木村さんの趣味は身体を動かすこと。休日はすぐ近くにあるゴルフ場で気分転換もかねてゴルフをしてるとか。「とても見晴らしがいいゴルフ場が近くにあるんです。運動が一番!腰痛対策にもなるしね」と笑顔の木村さん。社員さんたちの間では野球が盛んなのだそうです。

仕事以外の活動が生き生きとできるのも、工場が自然に囲まれた場所にあることや、長年蓄積されたノウハウと社員さんの意見を生かしながら日々業務を行う木村製作所の社風があるからこそ。これからも技術と品質で世界に認められる真鍮加工製品が山県市からつくられていきます。

follow us