花と一緒の人生。大好きな場所で大好きな仕事を続けられる幸せ。/さわださわこさんドライフラワー専門店「はながら」

山県市には、月に1回だけオープンするドライフラワーの専門店「はながら」があります。入口の白い看板が目印のお店は、住居の一部を利用しており、オーナーのさわださわこさんは、そこでご家族と柴犬の親子と暮らしています。玄関を入ると、色鮮やかなドライフラワーが壁や天井に飾ってあります。近所の方はもちろんのこと、岐阜県や愛知県、三重県、石川県などからたくさんのお客様が訪れるお店です。さわださんは地元山県市で生まれ、小さい頃から母親の植えた庭の花たちに囲まれて育ったそうです。を営むさわださわこさん。以前から友人にフラワーアレンジメントを教えたり、クリスマスリースを作成したりしていました。さわださんがつくりだす優しいドライフラワーが並ぶ店内でお話をお伺いしました。

花とともに歩む日々

学校を卒業後、働きながらフラワーデザイナーの資格をとり、6年間のOL生活をしていたさわださん。その後は生花店に転職しました。生花店の仕事の傍ら、フラワーアレンジメントの講師としても活躍していました。

結婚を機に仕事を辞め家庭に入りましたが、友人にフラワーアレンジメントを教えたり、クリスマスリースを作成したりしていくうちに、あるお店から販売の話が上がり、ドライフラワーの企画販売を初めることになったそうです。

さわださんは自宅を建てた時、人が集まる家にしたいと考え、玄関を土間風の広がりのある空間にしました。ある日、そのスペースに注文品のドライフラワーを吊るしている様子を見ていたご主人が、「これの感じがいいんじゃない?ここをドライフラワーの店にしたら」と提案したことがきっかけとなり、住宅兼店舗でのオープンとなりました。お店をはじめてからも、子育てを大切にした生活を過ごしつつ、自然な流れで今のスタイルができたそうです。

鮮やかなドライフラワーの秘密

さわださんのドライフラワーはとても色鮮やかです。アジサイ、バラ、プロテア、ミモザ、コットンツリー、つるの実など、様々な種類の植物、中には不思議な花のような形をした不思議な実があったり。なんと「山火事で燃えた花」などもあります。色々な花を試し、ときには失敗もしながら、ドライフラワーになりそうな花を見つけていったそうです。
さわださんは、オーダーでウエディングブーケも製作しています。お客様の要望に沿ってお花を揃えていき、心を込めて完成させます。ウエディングブーケは生花しかできないと思いがちですが、今は長く飾っておけるドライフラワーのブーケも人気なのだそう。

実は、ドライフラワーは生花と同じで、花がいちばん旬の時に乾燥させているのだそう。ドライ=枯れているのでは無く、その花の時間を止めているのです。「自然のままで、一切加工はしていないんですよ」とさわださん。花の旬を見極めることが、ドライフラワーの仕上がりにつながるのですね。

ずっと自然体で続けたい

ドライフラワーの花の種類にもよりますが、枝が折れやすかったり、幹が曲がらない花もあるので、丁寧に扱っていきます。密に密にまとめで仕上がったブーケは、存在感のあるひとつのオブジェのよう。さわださんは花だけでなく、つるや実をドライフラワーにすることが好きなので、道端の草など身近な草を見ていると想像が広がりワクワクするそうです。中でも気に入っているのは、野山で摘んだ「ヒメコバンソウ」のブーケ。ヒメコバンソウは日本のどこにもある草で、うっかり見落としてしまいそうな、はかなげな花です。かなりの量が必要で、きれいな状態で採れる時期も短いので、実はブーケづくりには難しい花なのだと教えてくれました。

さわださんとのお話の最中、窓から見える景色がとてもきれいだったのが印象的でした。
「ここは、日が昇って、日が落ちる様子を毎日眺められるような、とても景色のいい場所なんです。この場所は、私の生まれた家からほんの100m位。子どもの頃はこの景色が当たり前で、何とも思いませんでしたが、今はとても素晴らしいと感じられます。主人がここに住みたいという気持ちに賛同してくれたとき、とても嬉しかったんです」とさわださん。
「朝日を浴びて夕焼けも見えるって、とっても素敵なんですよ。夜は星も美しくて、大好きな場所です。」

心地よい場所でドライフラワーの仕事を続けられることは、とても幸せなこと。さわださんのドライフラワーには、自然の美しさが凝縮されています。自らの感性に忠実に、そして自然に逆らわない形で生活しているさわださんがつくるドライフラワーは、これからもたくさんの人を幸せにしていくことでしょう。

follow us