期待を裏切らないように。生産者の想いをお客様に伝えていきます。/梅田恵梨子さん美濃山県元気ファーム代表

2013年に黒にんにくの販売と加工品の製造を行う「美濃山県元気ファーム」の設立を機に、黒にんにくの販売を任されたのは梅田恵梨子さん。現在は、黒にんにく以外にも、山県市で採れた野菜や果物を活用した商品開発を行っています。山県市で産まれて育った梅田さんに山県に対するひたむきな思いを伺いました。

“もったない”から生まれた、黒にんにく

山県市伊自良地区にある梅田建設株式会社は、1955年に山県市で木材製材業として創業し、現在は建設業を事業の柱としています。建設業である梅田建設株式会社が、黒にんにくの製造を始めたのは、2008年の山県市役所からの呼びかけがきっかけに、地域のみなさんと共ににんにくの栽培で山県市を元気にする取り組みに参加することになったのです。

にんにく栽培は難しく、形が悪く売り物にならなかったにんにくも数多くありました。「大切に育てたにんにくを捨てたくない」との想いから、黒にんにくの加工を始めることにしたのです。

2013年に黒にんにくの販売と加工品の製造を行う「美濃山県元気ファーム」を設立。この会社で、黒にんにくの販売を担当しているのが梅田恵梨子さん。梅田さんは、梅田建設株式会社に事務職として入社しましたが、「美濃山県元気ファーム」設立を機に、黒にんにくの販売を任されました。

「当初、取扱い商品は黒にんにくだけでしたが、山県市役所の方とも相談しながら、減圧乾燥機を導入しました。機械の活用を考えていく中で、専門家の方をはじめとするたくさんのアドバイスや援助があり、今ではさまざまな種類の加工品を作ることが出来るようになりました」と、梅田さん。

山県市で産まれ育った梅田さんは、黒にんにくだけでなく、この地で生産されたものを活かして、おいしいものを作っていきたいと考えています。

じっくり時間をかけるから、おいしい

黒にんにくの製造を行っている農場長の棚橋さんは「今年も1000キロのにんにくの種を植え付けたんだ。1町5反、約千五百㎡あるかな?」と教えてくれました。はじめは少ない面積でしたが、耕作放棄地などを利用しながら、次第に作付け面積を広げていきました。

育てているのは、脂質が低く鉄分が豊富な「元気玉」というブランドにんにく。9月下旬に植えられたにんにくは、1月から2月の冬の間、厳しい寒さの中で一層の甘さを増します。しっかり苗の管理を続けて、5月下旬から6月上旬に収穫。収穫されたにんにくは、乾燥室で1ヶ月以上乾燥させます。その後は、にんにくを一粒ずつばらばらにして常温で保管。「通常なら1ヶ月で熟成は終わるけど、ここの黒にんにくはじっくり時間をかけて、完全に乾燥させないように半年から1年ほど低温熟成させています」と、棚橋さん。黒にんにくの熟成に合う温度を見つけるまで、何年も試行錯誤繰り返したそうです。試食させていただいた黒にんにくは、にんにくとは思えないほど甘くてフルーティーな味わいでした。

また、美濃山県元気ファームでは、黒にんにくだけでなく、山県市産の素材を活かした商品を幅広い世代に楽しんでもらえるような商品開発をしています。その中のひとつが、「紅はるか」というさつまいもを使用した干し芋です。「今日からちょうど干し芋の製造に入ったんですよ。今年はいつもより早いスタートです」と、梅田さん。美濃山県元気ファームの建物から、ふわり、と優しく懐かしい匂いが漂ってきます。
今年の秋に収穫した3トンのさつまいもを1ヶ月程ねかせた後、洗浄して蒸します。そして、1つずつ皮をむいてカットし、大型の減圧乾燥機に入れて17時間乾燥させると干し芋の完成です。この減圧乾燥機を使うことで、低温で効率よくさつまいもを乾燥させることができます。商品の味・色・香りを損なうことなく、見た目もきれいに仕上がり、しっとりとしたやわらかなおいしい干し芋になります。

主婦目線の商品開発が人気の秘訣

美濃山県元気ファームでは、黒にんにくや干し芋以外にも、しょうがパウダーやごぼう茶などの加工品も製造しています。また、黒にんにくをチョコレートでコーティングした冬季限定商品の「イロドリ黒にんにく」も若い女性に好評なのだそう。この商品は、専門家にも相談しながら、スタッフと共同で作り上げました。

ここで働くスタッフの多くは主婦で、「主婦のみなさんの率直な意見が、商品開発にとても役だっているんです」と、梅田さんはスタッフに全幅の信頼を寄せます。無添加ドライフルーツ「かじゅえりー」も、スタッフと作り上げた商品のひとつ。山県市で採れた富有柿やいちごなどを利用しています。生産者が限定されるので大量生産することはできませんが、みんなが安心して食べ続けることが出来る商品を目指しています。

今後について尋ねると、梅田さんはじっくりと考えた後、「まずは、この美濃山県元気ファームを継続していくことが重要だと考えています。お客様の期待を裏切らないように、そして生産者の方の想いをお客様に伝えていきます」と、静かに答えてくれました。

梅田さんの言葉ひとつひとつから伝わってくるのは、山県市に対するひたむきな想い。これからも梅田さんは、大切な山県市の人々とともに前へと進んでいくことでしょう。

follow us