苦労して描いた作品はなんか面白くないよね。/高畠純さん 絵本作家

岐阜県山県市で暮らす絵本作家の高畠純さんは名古屋市生まれ。高畠さんの絵本は、ゆったりした作風と絶妙な色使い、そんな絵本を描く高畠さんが絵本作家を目指したときのことや絵本の世界についてお話をお伺いします

「好きなこと」に気づいたきっかけ

「夏休みが大好きなんです」と話すのは、山県市で暮らす絵本作家の高畠純さん。高畠さんの絵本は、ゆったりした作風と絶妙な色使いとユーモラスな動物たちが登場する、大人が読んでも楽しく、美しい絵本です。

高畠さんは、名古屋市生まれ。絵本作家になろうと思ったきっかけは、高校3年生の2学期を過ぎたころ、書店の企画する世界の絵本原画展を見たことでした。もともと絵を描くことが好きだったことを思い出し、「こういう世界を描けるのはいいなあ、絵本を描く人になれたらいいなあ」と、心の中に絵本作家への思いが生まれたのでした。

大学4年生となり、周囲は就職活動をはじめます。しかし、高畠さんには「就職をしたくない」という思いが強くあり、大学に研究生として残ろうと両親にその思いを伝えました。「両親は意外と簡単に許してくれたのですが、今思えば、よく許してくれたと思います」と、当時を振り返ります。

卒業間際、「短大での講師はどうか」と、ゼミの教授から仕事を紹介されました。高畠さんがそのときに思ったのは、「短大、わっ、夏休み、春休みがある!」ということ。二つ返事で「行きます!」と答えた高畠さんは、大学卒業後、岐阜の短期大学でデザイン講師として働きはじめました。「すごいラッキーでした。長い休みが大好きなので」と、高畠さんは笑います。

短大ではデザインの講師として、また自身の研究課題であるシルクスクリーンの制作を行い、展覧会出品や個展を開催し、同時に絵本の創作も行いました。「どれも全部、今後の自分自身にとって大切な要素でした」と、高畠さんは話します。

苦労して描いた作品は、なんか面白くない

大学教員の仕事は、数年前に辞めてしまいましたが、教員をしていた時期は、学生との関わりが楽しく充実していたそうです。今でも卒業生たちとの交流があり、そんな時間が楽しみでもあるそう。

現在、高畠さんは1ヶ月半に1冊のサイクルで、年間6~7冊、自分のペースで絵本制作を行っています。20代の時に絵本館から出版した『ピースランド』という絵本は、気負いなく、得意とするシルクスクリーンで表現したもので、自身の原点。

「苦労して描いた作品はなんか面白くない。いいように見せたいという気持ちは、よくないよね。さっとストレートに表現できて、スカッと制作、ぐちゃぐちゃさせない」と、高畠さんはいいます。絵本は楽しく作ることがとても重要なのだそうです。 

動物を題材にすることが多い高畠さん。「人間だと生々しくて、ユーモアを感じられないから。ゴリラとかペンギンとか、動物の姿を借りて描くことで、人間の心の中をユーモアに転化できる」と、話します。読者は、絵本に出てくるペンギンに、人間を重ねて絵本を読むことができるのです。

「さまざまなことを想像させる絵本には、視覚的要素が大切なの」と、高畠さん。最初にどの書体を選ぶのか、文字の大きさはどうするかなど、伝えたいイメージや絵とのバランスを決めることから絵本制作は始まるのだそう。絵と文章が一体となって表現されることで、子どもだけでなく大人にも喜んでもらえるような絵本になることを大切にしているのです。

休みが大好き みんなが休みだと嬉しい

現在、高畠さんは、京都、大阪、福岡などを訪れ、絵本作家を目指す人たちに教えています。絵本作家を目指している人との出会いは、刺激にもなるそうです。「出会った人たちの絵本が出版されて多くの人に認められることが、本当にうれしい」と、高畠さんはいいます。

そんな高畠さんに、絵本作家の日常をたずねてみました。「今は毎日が日曜日。夏休みも大好き。みんなが休みだとうれしいし、休みが多いとうれしい。毎日自宅の仕事場で朝9時ころから絵本制作にとりかかり、夕方まで一気に。でも時々、“ひとり打ち合わせ”と称して、気分を切り替えに外にも出かけます」。

高畠さんの「夏休みが好き」という言葉から、休みの日の楽しい気持ちや、気持ちにゆとりを持つことが大切なのだと気づかされます。気持ちのゆとりが、高畠さんの絵本のような、優しい世界をつくっていくのです。

きっと、高畠さんの描く優しい世界は、これからもたくさんの子どもたちと大人を楽しく、幸せな気持ちにしてくれることでしょう。

follow us