いくつになっても、遅いってことはない。後悔しないように生きたい。/河口準さんPhin and Bean代表

山県市美山地区に2019年12月にオープンしたカフェ「Phin and Bean」は、ぎふ・水と緑の環境百選にも選ばれた山県市北部の円原伏流水の近くにあります。店内に入ると、程よい音量のジャズが流れ、モダンでありながらどこか懐かしさを感じさせてくれます。ここは、オーナーの河口準さんが高校生まで暮らしていた実家のあった場所。その場所にカフェを作ろうと考えた経緯などについて伺いました。

DIYで思い出の場所を改装

実家が古くなり廃墟になってしまうことを憂慮して、地域のために何かできることはないかと、趣味のDIYを活かしてカフェを開くことにしました。河口さんは幼いころからこだわりの強いタイプで、「こうあるべき」と思うと、それを追求することが多かったそうです。「いくつになっても、遅いってことはない。後悔しないように生きたい」と思い至ったことが、カフェづくりの原点です。壁を壊すところから始めた改装作業はとても大変でしたが、いろいろ悩みながら、少しずつ、ゆっくりと形にしていきました。DIYの動画サイトなどを参考に、多くの仲間の助けを借りながら、1年かけて完成させました。

店名に込められた思い

「Phin and Bean」という名はベトナム・ホーチンミンにある、河口さんの大好きなカフェにちなんでいます。Phinとは、ベトナムコーヒーをいれる時に使うコーヒーフィルターのこと。時間を見つけてはベトナムを訪れ、カフェめぐりをして本場の味を勉強しました。店で出すベトナムコーヒーは日本人の舌に合うよう、少しアレンジを加えています。

店内で、ベトナムコーヒーの注文が入りました。コーヒーフィルターに挽いた豆を入れて、ゆっくりとお湯を注ぐと、コーヒーが一滴一滴、時間をかけてカップに落ちていきます。鼻先にコーヒーの芳しい香りが漂ってきました。今後は店の前の円原川沿いの土地を譲ってもらい、テラスを設置。円原川のせせらぎに癒されながら、コーヒーが飲める空間にしたいと思い描いています。

美山で過ごす至福の時間

カフェの外観はとてもシンプルなデザイン。緑豊かな美しい自然と調和したカフェは、何も考えずにのんびりしたい人、時間に縛られずに過ごしたい人に最適な場所です。「初めて来店されたお客様が、次に誰かを連れてきたいと思う店にしたい。口コミなどで徐々にお店のことを知ってほしい」という河口さん。美山地区にある古民家「水音」でくつろぎ、農家レストラン「舟伏せの里へ おんせぇよぉ~」でランチして、「Phin and Bean」でおいしいコーヒーを飲む。さらに、地区内にテレワークができる環境を整えて、昼間は仕事をし、夜はゆったりとした時間を過ごしてもらいたいと考えています。

河口さんは一日の終わりが近づくと、好きな音楽を流してお酒を飲みながら、次はどこを改装しようかと考えを膨らませます。至福の時間を過ごしながら、みなさんの来訪を待っています。

follow us