ここまで続けてこれたのは人に恵まれてきたから。常連のお客様を大切にしたい。/吉田守光さんピザ屋オーナー

オーナーである吉田さんは岐阜市のお店で5年半修行後、ピザ専門のお店を地元で開きたいと思うようになりました。そして1987年、山県市高富の閑静な住宅街に「ピザ屋」という名前のお店をオープン。シンプルながら吉田さんのこだわりが感じられるお店についてお話をお伺いました。

基本を大切にした美味しいピザ

山県市高富の閑静な住宅街にそのお店があります。店内のところどころにトリコロールカラーが使われており、イタリアの雰囲気を取り入れ、ゆったりとした時間が過ごせる空間です。オープンは1987年。オーナーの吉田さんは岐阜市長森にあるお店で5年半修行を詰んだ後、地元でピザの専門店を開きたいという思いから、このお店を始めました。その後、お店でも食べれるようにしていったそうです。テイクアウトメニューはピザ27品、パスタが25種類もあり、一番人気はミックスピザだそう。トマトソースは12時間かけて作り上げる、こだわりの味です。

お店の名前は「ピザ屋」!?

看板にあるお店の表記は「ピザ屋」。ユニークなこの店名は、はじめてのお客様にも分かりやすく、来店のきっかけにもなっています。どうしてこの名前にしたのですか?と質問すると、「ピザを出すからピザ屋、お店の名前はシンプルにしたかったから」との答えが返ってきました。なんと潔い名前。

吉田さんは、お店をはじめるにあたって、知り合いをあてにするような商売の仕方をしてはいけないと考えていました。しかし、実際にお店をオープンすると、まず顔馴染みの皆さんが食べに来てくれたそうです。そして知り合いにお店を紹介してくれて、そのまた知り合いへと口コミが広がり…とつながりでこれまでお店を続けてこられたと言います。「本当にありがたいことです。だからこそ常連のお客様を大切にしたい」と吉田さん。お店の宣伝や取材対応はあまりせずに、自分のペースでやっていきたいと考えているそうです。

特別に厨房を見せてもらうと、コンパクトな作りで、設備や備品はピカピカに磨かれています。日々の丁寧な仕事ぶりが伺えました。「私は基本を大切にしながらソースや生地をつくり続けてきました。長く続けられたのは、人に恵まれていたからだと思います」と吉田さんは少し照れたように語ります。

外面を飾らずシンプルに。そして基本を大切にした美味しいピザを丁寧に手間暇かけて作ること。それを毎日、40年近く継続するのはどれほど難しいことでしょう。

温かい家族に囲まれて

吉田さんがお店をオープンした当時に小学生だった子供たちが、今では成人してそれぞれの家庭を持っています。息子さんは別の道に進んでいるので、自分一代で終わるのかなと、ちょっと寂しく考えたこともありましたが、それでも良いと今は思っています。「孫たちが食べにきてくれるとやっぱり嬉しいですよ」と笑顔を見せてくれました。今はお孫さんも4人となり、喜ぶ顔を見ることが何よりの楽しみとか。孫に何か買ってあげるためにお店を続けているような気持ち、だそうです。

「人生の中で、山県市で暮らしてきた時間が一番長いですね、山県はひとことでいうなら平和でとても暮らしやすい土地です。山に囲まれて水源があって水不足にも無縁。本当に良い環境です」と吉田さん。

これからのことを聞いてみると、
「いろいろ考えていることがあります。この仕事に定年は無いのですが、いつかお店を閉めたら、自分のペースで美味しいピザを作っていきたいですね」と話してくれました。吉田さん、定年後も、やっぱりピザを作っているんですね。

follow us