川も人も美しい地域を多くの人に知ってもらいたい。そして、自分らしい過ごし方で楽しんでほしいんです。/河合祐樹さん地域おこし協力隊

山県市美山地区の北部にある古民家テレワークセンター「神崎よってちょ」は、古民家を改装したコワーキング&レンタルスペースです。ここを管理している山県市委託型地域おこし協力隊の河合祐樹さんに地域おこし協力隊としての関わりや活動について伺いました。

人が出会い何かが生まれる場所に

山県市美山地区の北部にある古民家テレワークセンター「神崎よってちょ」は、古民家を改装したコワーキング、レンタルスペース。ここを管理する河合祐樹さんは、山県市地域おこし協力隊(委託型)として、移住者や地域に関わる人々の増加を目指す任意団体「美山ベースキャンプ」の代表を務めています。神崎川と武儀川を軸に、川遊びの文化を次世代につなぐ「カンムギプロジェクト」を立ち上げるなど、活動は多岐にわたります。

「神崎よってちょ」は古民家をDIYしながら、数年かけてつくられました。多くの人々の力を借りて、これからも楽しみながら手を加え続けていく、完成形のない場所なのです。この場所は、「仕事をするため」「ただ川を眺めるだけ」と、訪れる人それぞれ、時間の過ごし方が違うようです。「ほっとひと息つける“第3の場所”として、『神崎よってちょ』を利用してほしい。人が集まって話をすることで、いろいろとアイデアが出てくる。人と人が出会い、そこから何かが生まれるような場所にしたい」と河合さんは考えています。

人生の転機はユーコン川との出合い

河合さんは愛知県岡崎市出身。就職後、激務の連続で心身ともに限界がきていた時、日本を代表するカヌーイスト・野田知佑さんの著書『ユーコン漂流』に出合います。野田さんの生き方に感銘を受け、28歳のとき、カナダ西部からアメリカ・アラスカ州にかけて流れる大河、ユーコン川を目指しました。

「素晴らしい川旅でした! 毎日生き抜くことに必死だったし、一人の世界で、すべてが自己責任でした。8日間一人きりで、周りにいるのは熊などの野生動物だけです。旅を通して強烈な自己肯定感と“足るを知る”という精神が自分の中に生まれたんです」と河合さんは熱く語ります。この原体験が河合さんの本質的な生き方を模索する人生のスタートとなりました。

大人も子どもも、自分らしい過ごし方で

結婚を機に岐阜県に住むことになった河合さんは、子育てもあって長期の川旅ができなくなりましたが、子どもを担いで山登りを始め、山の世界に傾倒していきます。

ほどなく、ブログも始め、「人と違っていても、自分が面白いと思うことを追求する」「変なやつだなっていわれても、自分のスタイルを貫いていく」というスタンスが好評を得て、登山雑誌のライターとして活動するようになります。そんな時、山県市が運営するWEBサイト「山県ベース」を知り、この地域に興味を持ちました。地域を盛り上げようとする若者たちとともに、“川遊びの聖地”をつくるために地域おこし協力隊となり、今に至ります。

これからのことを河合さんにたずねると、「川も人も美しいこの地を、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。そして、自分らしい過ごし方で楽しんでほしい」と話してくれました。地域を訪れる人々が楽しんで滞在できるように、古民家「水音」の民泊整備に加えて、川でのエコツアーや子どもたちの感性を豊かにする「川の学校」などの開催を考えています。

都会で暮らす大人には家でもなく、職場でもない“第3の場所”、子どもたちには川遊びを通して自己肯定感を育む場にしていきたいと、河合さんは日々邁進しています。

follow us